『勝谷誠彦』についてTwitterの反応


有田芳生氏 勝谷誠彦さんを悼む「意見広告運動の同志でした」 有田芳生氏 勝谷誠彦さんを悼む「意見広告運動の同志でした」
コラムニストの勝谷誠彦さんが28日未明、兵庫県尼崎市内の病院で肝不全のため亡くなったことが同日、分かった。57歳。8月に重症アルコール性肝炎で緊急入…
(出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


勝谷 (かつや まさひこ、1960年12月6日 - 2018年11月28日)は、日本のコラムニスト。日本写真家協会会員。弟は大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授で内科医の勝谷友宏。 兵庫県尼崎市出身。開業医(立花駅前の勝谷医院)の家に生まれる。本人の日記や弟の勝谷友宏によると、
43キロバイト (5,991 語) - 2018年11月28日 (水) 04:25

勝谷 誠彦


【勝谷誠彦さん死去 57歳】の続きを読む